スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジデツーを始める前に

・会社が自転車通勤を認めているか確認しましょう。
私の会社の場合、自己責任でジデツーを認めています。
通勤途中で怪我や事故を起こしても会社は責任取らないからねというやつです。
うちの場合、車通勤もこれにあたりますので各自で注意して通勤してますね。
(後々説明しますが、ジデツーを始めるなら自転車保険に加入しておく事を強くオススメします)

会社によっては許可してるけど申請が必要な所、そもそもジデツーを禁止してる所もあるみたい。
許可が降りてもジデツーの場合、交通費が出なくなるor交通費そのままのパターンもあるそうなので
自分の会社がどれに当てはまるのか事前に下調べしておく必要があります。
特に交通費が支給されなくなったり、減ったりするのは痛いですからね。
だからといって無断で通勤するのだけは止めておいた方が良いと思います。

・会社に保管できる場所は?
これも許可を取るのと同じくらい重要な所。
会社によっては駐輪場がある所もありますが、無い所も多いでしょう。
私の場合、会社の事務所の横に空き部屋があるのでそこに保管していますが
都合良く事務所の横に空き部屋がある会社なんて少ないでしょうし・・・。
駐輪場がある場合でも大抵の駐輪場は青空駐車なので雨にだけは気を付けましょう。
雨に降られて自転車がずぶ濡れなんて事は避けたいので自転車カバーなど所持しておいた方がいいかも。

では駐輪場がない場合はどうするか。
私の様に空き室を使わせて貰うorロッカールームや事務所に保管するパターンになると思います。
この場合もジデツーの許可と同じく事前にその場所に自転車を保管させて貰えるか確認が必要となります。
許可が降りればラッキー!許可が降りなくて普通と考えておいた方が良いかもしれません。
何せスポーツ自転車の場合、一般の自転車と比べて高価な物。
保管してる間に盗まれたor壊されたなどがあっても会社としては責任取りたがらないでしょうし
まず責任も取れないでしょう。それに他の人も気を使う事になりますからね~。
(実際私もフィオラーノでジデツーしてますが、他の人は高い物だから怖くて近寄れないって言います)

こうやって考えてみると許可を貰うより許可が降りてからのが大変ですね
それに何も疑問解決出来てない気もしますが・・・次にいきます!

・自転車保険に加入しよう
車の保険と同じような物ですが、自転車の場合基本的に相手に怪我を負わせた場合の保険がメインとなります。
知っていますか?近年自転車での事故が増えてる事を。
もし自分が運転している自転車が歩行者と接触事故を起こし、相手が死んでしまった場合
重過失致死傷罪に問われ、民事的にも損害賠償請求をされる可能性があるんです。
この場合の損害賠償は数千万円を超える事も・・・。
そんな時保険に入ってなかったらどうなるでしょう?考えるだけで恐ろしいですよね。

車の保険に比べて少ない保険料で加入する事が出来るので
ジデツーに限らず本来なら自転車に乗る全ての人が加入してるのが理想なんでしょうね~。
実際には自転車保険がある事すら知らない人が多いので難しいとは思いますが・・・。

と長々と書き連ねましたがジデツーを始める前に知っておいて欲しい事は以上でしょうか。
この記事がこれからジデツーを始める方、既にジデツーを始めてる方の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りす

Author:りす
自転車の魅力に憑りつかれた
極度の方向音痴生物。
ナビ無しで走れる道を
増やすのが密かな目標。

2011年度走行距離
3月 443.8km
4月 700.1km
5月 841.36km
6月 877.19km
7月 608.11km
8月 1002.91km
9月 276.93km
10月 740.49km
11月 469.99km
12月


ランキングに参加しています。
良かったらポチッとして下さいな。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。